転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

意外と間違いが多い!?ビジネスシーンで使われる間違った敬語

2016.06.15
意外と間違いが多い!?ビジネスシーンで使われる間違った敬語

一朝一夕には身につかない「敬語」。何十年と日本に住んでいても、完璧に使いこなせる人は多くはないでしょう。しかし、最低限の礼儀として、必須の教養であることも事実です。

日常生活はもちろんですが、特にビジネスシーンでの敬語の間違いは企業の利益を損ねることにもつながります。

そこで今回は、ビジネスシーンにおける、間違えやすい敬語をご紹介します。

尊敬語・謙譲語・丁寧語

普段からなんとなく使い分けてはいても、実はその意味合いをしっかりと理解できていないのが「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の区別ではないでしょうか。

「尊敬語」は、自分はそのままに相手を高めて敬う言葉で、動作主体は相手となります。
「謙譲語」は、相手はそのままに自分を下げて相手を敬う言葉で、動作主体は自分です。
そして「丁寧語」は、相手に関係なく丁寧に話す言葉となります。

例えば、「言う」を例に挙げると、尊敬語なら「おっしゃる」「言われる」、謙譲語なら「申す」です。「来る」なら、それぞれ「お越しになる」、「参る」となります。

二重敬語に注意!

敬語の間違いとして多く見受けられるのが、「二重敬語」です。これは文字通り、1つのフレーズの中で敬語を二段重ねしてしまうものです。

例えば、「お会いになられる」「お召し上がりになる」「おっしゃられる」などが挙げられます。

ここでは特にビジネスシーンで間違えやすいものをご紹介します。矢印右側が正しい敬語となります(以下同)。

【1】社長様 → 社長(「社長」という役職名自体が敬語です)

【2】拝見させていただく → 拝見する

【3】お越しになられる → お越しになる

【4】伺わせていただきます → お伺いします

【5】ご覧になられる → ご覧になる

目上に対して失礼になる言い方

目上に対して失礼になる言い方敬語の間違いで最も怖いのは、目上の方に対して知らないうちに失礼な言い方をしてしまっているパターンです。

敬意を払うべき相手であるため、大ごとにならなかったとしても、知らなかったでは済まされません。

以下に間違えやすい例をご紹介します。

【1】なるほどですね → おっしゃる通りですね

「なるほど」自体、目上に対して使うと失礼になります。

【2】一緒に行きましょう、一緒に参りましょう → お供いたします

【3】すみませんでした → 申し訳ございません

「すいません」はくだけた言い方。「すみません」もビジネスの場での謝罪には不適切。

【4】今、いいですか → 今、よろしいですか

また、目上の方に対して使うと実は失礼なフレーズとして特に有名なものといえば、次の2つではないでしょうか。

1つは、「了解」という言葉。「了解しました」を目上に対して使用するのは失礼にあたります。「分かりました」が比較的無難とされていますが、「承知いたしました」「承りました」を使用するのが正解です。

そしてもう1つ気をつけたい言葉が「ご苦労様です」。これは上司が部下をねぎらう際の言葉で、部下から上司に使用するのはNGです。「お疲れ様です」を使いましょう。

電話で注意したい言い方

電話で注意したい言い方特に電話で注意したいフレーズをご紹介します。

【1】もしもし → はい、○○会社でございます

電話に出る際の対応は、企業ごとに決まったフレーズがあるかもしれません。冒頭に「お電話ありがとうございます」をつけても良いでしょう。いずれにせよ、「もしもし」はプライベートで使用するものです。

【2】どちら様でしょうか → お名前をお聞きしてよろしいですか

「失礼ですが」をつけると、さらに良いでしょう。

【3】代わります → おつなぎします

【4】今日はお休みをいただいております → 本日は休みをとっております

【5】声が聞こえにくいんですけど → お電話が遠いようですが

その他・間違えやすい敬語の例

ついうっかり使用してしまう間違った敬語の例をご紹介します。

【1】誰 → どちら様

【2】どうしますか → いかがなさいますか

【3】そうします → そのようにいたします

【4】言っておきます → 申し伝えます

【5】お客様がお越しになりました → お客様がお見えになりました

【6】わが社、ウチ → 弊社、当社

【7】とんでもございません → とんでもないです

「とんでもない」で1語。後半の「ない」だけを変えるのは不適当です。

【8】どうかいたしましたか → いかがなさいましたか

【9】○○してください → ○○していただけますか

おわりに

今回ご紹介した例以外にも、間違えやすい敬語はたくさんあります。中には多くの方が間違ったまま使用することで、そのまま定着してしまったものも少なくありません(「よろしかったでしょうか」など)。

しかし、だからといって「まぁいいか」ではなく、常に正しい使い方を学び続けることが大切です。その積み重ねにより、周囲があなたを「デキるビジネスマン」として見てくれるようになるでしょう。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。