転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

転職の面接後にお礼状やお礼のメールは必要?お礼状とお礼メールの書き方

2016.05.21
転職の面接後にお礼状やお礼のメールは必要?お礼状とお礼メールの書き方

転職の面接後に、お礼状やお礼メールを送った方が良いのか迷う方は多いのではないでしょうか。もしくは送ろうと決めた場合でも、どのような手紙やメールを送るべきかで悩んでしまうかもしれません。

そこで今回は、面接後のお礼状やお礼のメールの必要性や、お礼状やお礼メールの書き方をご紹介します。

面接後にお礼状やお礼メールは必要?

「そもそもお礼状やお礼メールは必要なのか?」という問いに対する答えですが、実は、必ずしも必要というわけではありません。

採用・不採用は基本的に面接や試験の結果によって決まります。そのためお礼状やお礼メールの有無が直接合否に関わることはありません。しかし、お礼状やお礼メールがプラスにはなることはあっても、マイナスになることはありません。(ただし誤字脱字があったり、礼儀に欠ける内容だったりした場合はマイナスになる可能性もあります。)

つまり、お礼状やお礼メールを送っておくに越したことはないといえます。もし甲乙つけがたい候補者がいた場合は、「最後のひと押し」になる可能性もあるでしょう。

お礼状とお礼メール、どちらが良い?

お礼状とお礼メール、どちらが良い?では、お礼状とお礼メールのどちらを送った方が良いのでしょうか?それぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

まずお礼状のメリットは、より丁寧な気持ちが伝わることです。

特に手書きのお礼状なら、真面目で誠実な印象を与えやすいでしょう。ただし、届くまでに少し時間が掛かるデメリットがあります。

一方お礼メールのメリットは、面接後すぐに先方に届けられることです。しかし、1日に何十通もメールが届く会社の場合、件名などを工夫しないとせっかく送ってもメールの山に埋もれてしまう可能性があります。

以上を踏まえ、会社の特徴などを見極めた上でお礼状とお礼メールのどちらを送るべきか判断しましょう。

一般的には、お礼状は面接官の年齢が高い会社や老舗企業、礼儀を重んじる会社などに適しています。スピードや効率を重視するベンチャー企業や外資系企業などに対してはお礼メールを送った方が良いでしょう。

お礼状やお礼メールの書き方

お礼状やお礼メールの書き方お礼状やお礼メールは、できるだけ面接後すぐに送りましょう。メールならその日のうちに送付を、お礼状であればその日のうちに書き、遅くとも翌日には送付してください。

内容は簡潔に書くことが大切です。先方が忙しいことを考慮し、伝えたいことのみがしっかり伝わるように書いてください。

基本的には「面接に時間を取ってもらえたことへの感謝の気持ち」「面接の感想」「志望度の高さや具体的に入社してからの活躍のアピール」をシンプルにまとめましょう。

お礼状やお礼メールを書く際にはビジネスマナーとしてのあいさつや、誤字脱字の確認をしっかりと行うことも忘れてはなりません。また、ネット上の例文などはあくまでも参考にとどめ、きちんと自分の言葉を入れて送ることも大切です。一般的で抽象的な言葉ばかりでは、熱意は伝わりません。

内容の不備のせいでお礼状やお礼メールがマイナスの印象につながってしまうこともあり得るため、気を付けましょう。

宛名には、面接官の名前が分かる場合は面接官の名前を書きます。分からない場合は「人事採用ご担当者様」と記載することが一般的です。

おわりに

お礼状・お礼メールを書いた経験がない方も多いと思いますが、せっかくなら面接の後はお礼をしておくことをおすすめします。

たとえお礼状やお礼メールが合否結果に左右しなかったとしても、多少の手間が掛かる以外のマイナスはありません。人生においてそう何度もない転職活動ですが、ベストを尽くして出た結果であれば、どのような結果であったとしても後悔は少ないはずです。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。