転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

賞与をもらってから退職してもOK?実は多いボーナス後の転職

2016.05.08
賞与をもらってから退職してもOK?実は多いボーナス後の転職
Pocket

転職のタイミングについて、「どうせ退職するのであれば、ボーナスをもらった後にしよう」と考えている方もいると思います。はたして、賞与支給のタイミングに合わせて退職しても問題はないのでしょうか。

今回はボーナスをもらった後に退職・転職する際に注意したいポイントをご紹介します。

ボーナス支給後の退職・転職は大丈夫?

「ボーナスをもらった後に退職・転職することは問題があるのか」を考える前に、最初にボーナスが支払われる理由について考えてみましょう。

ボーナスは、「評価期間の働きに対する報酬」「今後の活躍に対する期待」から支給されます。つまり、企業は「今までありがとう」という感謝の気持ちと「来期も頑張ってほしい」という期待の両方をボーナスに込めているのです。

そのため、ボーナス支給直後に退職を申し出た場合、会社側は「裏切られた」と受け取る可能性もあります。したがって、円満退社を望むのであれば、会社側への配慮も必要です。

【ポイント1】「ボーナス支給規定」を確認する

【ポイント1】「ボーナス支給規定」を確認するボーナス支給のタイミングに合わせて退職する場合、まず確認したいポイントがボーナスの「支給条件」です。「ボーナス支給日に在籍していること」、あるいは「支給日の1か月前などの基準日に在籍していること」などが「ボーナス支給規定」に記載されています。転職を考えている方はぜひ確認してみてください。

例えば、ボーナス支給対象者が「ボーナス支給日に在籍している者」と規定されている場合、ボーナス支給日の後に退職しないとボーナスをもらうことができません。

一方、ボーナス支給日に在籍していなくてもボーナスが支給される規定であれば、支給日前に転職した場合であってもボーナスをもらえることがあります。

退職日を決める際には事前にボーナス支給日に在籍している必要があるのかを確認し、ボーナスを確実にもらいましょう。

【ポイント2】退職申し出は「ボーナス支給後」に

ボーナスをもらってから退職しようと考える場合、退職届を出すタイミングはボーナス支給後がおすすめです。

特に中小企業では経営者の一存でボーナス支給額が決まるケースもあるため、支給日前に退職の意思表示をした場合は支給額が減額されることも考えられます。

退職の意思表示が理由で減額されたと思っても、ボーナスの支給額は本人の査定や会社の経営状態が加味されるため、こちらから不服を申し出ることは困難です。

そのため適正な額のボーナスをもらって退職したいと考えている場合、退職届を出すまでは退職することを悟られないように注意し、支給後に退職を申し出てください。

うわさが広がることを防ぐため、退職を考えていることは親しい同僚や上司、後輩にも黙っておきましょう。

【ポイント3】「もらい逃げ」の悪印象を残さない

【ポイント3】「もらい逃げ」の悪印象を残さないボーナスは「今まで働いてきた実績に対する対価」と考えれば、たとえボーナス支給直後に退職したとしても非難される理由はありません。

しかし、業務の引き継ぎ時間を十分確保せず、ボーナス支給直後早々に退職した場合は「ボーナスもらい逃げ」の印象を与えるだけでなく、周りにも多大な迷惑をかけてしまいます。

「ボーナス支給後1~2週間以上経過してから退職届を出す」「業務の引き継ぎ時間を十分に設ける」などに注意して、周囲に悪印象を残さないように心掛けたいものです。

また、退職のタイミングも考えましょう。繁忙期はできるだけ避け、比較的業務が落ち着いた時期がベストです。

おわりに

今回はボーナス後に転職をする際のポイントについてご紹介しました。

関連記事:転職先でのボーナスはいつから満額支給される?転職後のボーナスについて

周りの迷惑を考慮せず、「ボーナスさえもらえれば良い」という考えでボーナスをもらった直後に退職してしまうことは、ビジネスマナーに反します。退職する際には、周りに迷惑をかけないよう配慮しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。