転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

難易度は?受験資格は?介護福祉士・社会福祉士の資格取得方法

2016.06.10
難易度は?受験資格は?介護福祉士・社会福祉士の資格取得方法

「介護福祉士」と「社会福祉士」は、どちらも福祉に関わる専門職で混同されがちですが、それぞれの仕事内容や資格の取得方法は異なります。

今回はこの2つの職業を比較しながら、それぞれの仕事内容や資格取得方法についてご紹介します。

「介護福祉士」「社会福祉士」とは?

まずは「介護福祉士」と「社会福祉士」の仕事内容と必要なスキルについてご紹介します。

介護福祉士

介護福祉士は、主に高齢者や身体が不自由な方に対して直接的に日常生活のサポート・介護を行う仕事です。

業務には、食事・排泄・入浴などの見守りや介助をする「身体介護」、洗濯・掃除・買い物代行のような「生活援助」があります。

また、直接的な介護だけでなく、介護を受ける本人やその家族の相談に答えたり、本人が家族や近隣の人々と良い関係を築くための手助けをしたりもします。

利用者を労る思いやりの心や、根気強く接する忍耐力が要求されます。また、介護で身体を毎日動かすため、体力のある方に向いています。

社会福祉士

一方、社会福祉士は、国籍・年齢・障害の有無にかかわらず、日常生活に問題を抱えている方やその家族の相談を受け、助言や指導をする仕事です。

福祉の分野の相談内容は、高齢者介護、障害者支援、生活保護や児童福祉など、多くの種類があります。そのため、福祉制度全般の豊富な知識が必要で、相談者に適した公的支援や地域のサービスを結びつけながら問題を解決しなければなりません。

社会福祉士は相談相手としての信頼感や、状況や意見をしっかり伝える能力が必要です。さらに、相談者とサービス提供側、両方のニーズや状況を理解する客観性が求められます。

介護福祉士・社会福祉士はどちらも福祉の仕事であるため、人と関わることが好きな方が向いているでしょう。

国家試験の受験条件

国家試験の受験条件介護福祉士と社会福祉士はどちらも国家資格であり、国家試験を受験しなければなりません。

介護福祉士の場合は、以前は介護職などの業務に3年以上従事した後、または高校の福祉科福祉コース(NHK学園で実施する通信制も含む)を卒業した後に国家試験を受験する方法か、介護福祉士の養成施設を卒業する方法の2通りがありました。

しかし、養成校のカリキュラムの改正により、2015年4月1日以降に養成施設を卒業した方は、資格取得のために介護福祉士国家試験の受験が必須となりました。つまり、現在は介護の実務経験者も養成学校の卒業者も、必ず国家試験を受験しなければなりません。

養成施設を卒業して国家試験を受ける場合は、下記の4つの方法があります

[1]2年以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業する。

[2]福祉系の大学で、指定科目を履修した後、1年間の養成施設を卒業する。

[3]社会福祉士養成施設などを卒業(終了)した後、1年間の養成施設を卒業する。

[4]保育士(保母)養成施設を卒業した後、養成施設を卒業する。

社会福祉士の場合は、介護の相談員として働くだけであれば資格は必ずしも必要ではありません。しかし、社会福祉士を名乗るためには、国家試験の受験が必要です。

社会福祉士の国家資格の受験には、下記のいずれかを満たす必要があります。

[1]福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する。

[2]福祉系の短期大学で所定の課程を修了し、1~2年の実務経験を積む。

[3]一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する。

[4]一般の短期大学を卒業し、実務経験を1~2年積み、一般養成施設に1年以上通学する。

これらの過程を経て、国家試験に合格することが社会福祉士の資格取得の条件です。

合格率と難易度

合格率と難易度介護福祉士の国家試験は筆記と実技の2通りがあり、どちらも問題の総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した点数以上の得点を獲得する必要があります。

筆記試験では、10科目全ての基準を満たさなければなりません。試験範囲は広範囲ですが、国家試験の中では難関ではなく、合格率は平成23年度以降60%台を維持しています。

一方、社会福祉士の合格率は介護福祉士に比べると低く、30%弱を推移しています。試験は難化傾向にありますが、国家試験の中では普通くらいの難易度です。試験は年1回しかありません。そのためノートをまとめたりワークブックや過去問を解いたりして、計画的に勉強することが大切です。

おわりに

介護福祉士と社会福祉士の仕事内容や資格取得方法についてご紹介しました。どちらも国家試験の中では難しくはありませんが、出題範囲が広いためしっかりと計画的に勉強する必要があります。

福祉の仕事は需要が大きいため、資格を取得することにより就職先の選択肢も広がるでしょう。介護福祉士や社会福祉士に興味がある方は、資格の取得を目指してはいかがでしょうか。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。