転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

在職中の転職活動で日程が合わない場合は?面接の日程変更・調整のマナー

2016.03.24
面接の日程変更・調整のマナー
Pocket

転職活動で書類選考を突破した場合、面接に進むことになります。しかし、在職中に転職活動を行っている場合、面接の日程や時間が合わないケースは少なくありません。そのようなときには、都合がつかないと分かった時点で速やかに担当者に連絡することが必要です。

日程変更は担当者や企業に迷惑をかけてしまいますが、やむを得ない事情もあるでしょう。それでは、どのような対応をすれば企業にマイナスイメージを与えることなく、日程変更・調整ができるのでしょうか。

今回は、在職中の転職活動における面接の日程変更・調整のマナーについてご紹介します。

面接の日程変更は原則1度まで

面接の日程変更は原則1度まで在職中の転職活動であれば、どうしても都合がつかない場合もあるでしょう。しかし、前日や当日など、直前になってからの日程変更は企業の担当者に対して失礼です。調整がつかないと分かった時点で速やかに日程変更の連絡を入れましょう。このような場合、できる限り面接予定日の1週間前までには連絡することをおすすめします。

面接日程の変更を申し出る際は、担当者が何度も調整する必要がないように3つ程度候補日時を伝えます。何度も日程変更することによって印象が悪くなる可能性があるため、日程変更は原則として1度までにしましょう。

やむを得ない事情で面接予定日直前に日程変更をお願いする場合は、メールではなく必ず電話で伝えてください。

在職中で日中の面接が難しい場合は、夜間に面接をお願いすることも可能な場合があります。しかし遅くとも、開始時間は19時を目安としてください。あまりに遅い時間を希望すると常識を疑われる可能性があります。

なお、希望日程・日時を伝える際は、基本的には土日や平日夜間は避けましょう。

日程変更へのお詫びと感謝を忘れない

日程変更へのお詫びと感謝を忘れない面接の日程変更を行う際に最も大切なことは、日程変更の調整をしてくれた担当者・企業に対して感謝の気持ちを伝えることです。

日々数多くの応募者を相手にしている採用担当者が応募者一人一人の調整に対応することは、思いのほか大変です。

日程変更は「申し訳ない」という気持ちを持ってお願いし、日程が決まった際にはきちんと感謝の言葉を伝えることが大切です。面接時にも、日程変更に関してのお詫びとお礼を伝えるようにしましょう。

応募企業に日程変更依頼のメールを送る際には、理由も忘れずに添えてください。理由は「業務の都合でどうしても都合が合わない」などと伝えましょう。

在職中の仕事と転職活動の面接、どちらを取るか

中途採用の場合、担当者面接と役員面接、計2回の面接が行われることが多いようです(企業によっては3回以上の場合もあります)。

序盤の担当者面接のスケジュール調整は比較的容易ですが、役員面接の日程調整は大変です。そのため役員面接に進んだ場合は在職中の仕事を優先するか、転職活動の面接を優先するか、あらかじめ考えておくことが重要です。本命企業の役員面接に進んだ場合は、できる限り面接の日程を優先させましょう。

おわりに

今回は在職中の転職活動における面接の日程変更・調整のマナーについてご紹介しました。在職中に転職活動を行う方は珍しくないため、平日の日中に都合がつかない場合でも、人事担当者はある程度理解してくれるようです。

しかし、面接の日程変更・調整は応募企業に迷惑をかけてしまいます。くれぐれも日程変更は1回まで、日程変更の連絡は面接予定日の1週間前までにしてください。

日程変更・調整を申し出る際には誠意を持って変更をお願いすること、そして日程変更に応じてもらった際にはきちんと感謝の気持ちを伝えることが大切です。

関連記事:面接に進んだけど辞退したい…。転職の選考を断る際のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。