転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

転職先が決まっているのに会社に引き止められたら?退職の引き止めを断る方法

2015.10.20
退職の引き止めを断る方法
Pocket

転職経験者の中には、前の会社に退職の意向を伝える際に引き止められて困ったという方もいらっしゃるでしょう。退職を引き止められると自分は必要とされていると感じ、嬉しくなる方もいるかもしれません。

しかしそれに応えて残留すると、せっかく転職を決意し転職活動で得たチャンスが無駄になってしまいます。退職する際には明確に意思表示することが大切です。

関連記事:タイミングや伝え方も大切!転職で今の職場を円満退職するための方法

ここでは、退職時の引き止めを断るコツをご紹介します。これから転職しようとしている、または実際に退職を引き止められている方は、退職引き止めの断り方を知り、円満退社を目指しましょう。

【パターン1】「必要」と言われた場合の断り方

退職したいと申し出を受けた際に、上司は「君が必要だ」とよく口にします。必要とされているならと心が揺らぎますが、そのように引き止められたとしても一貫して転職の意志を示すことが重要です。

その場を収めるために「では、少し考えます」という気持ちを見せてしまうと、引き止めがさらに強まる可能性があります。ぶしつけに断ることは気が引けるという場合は、必要としてもらえることに対し感謝の言葉を伝えつつ、退職の意向をハッキリと告げましょう。

【パターン2】待遇アップの断り方

待遇アップ

残業を減らす、ボーナスを上げるなどの待遇アップを持ちかけてくるケースもあります。しかし、多くの場合は退職せずに残っても待遇アップの約束が果たされません。給与面などで交渉されても、実現されない可能性が高いことを忘れないようにして、きっぱりと断りましょう。

時には、転職先の条件と同等もしくはそれ以上の魅力的な待遇アップの提示もあるかもしれません。そのような場合は、なぜ今まで改善されなかったのかを考えるなど、冷静になって提示された条件や約束を見てみましょう。

そして、どうして退職しようという結論に至ったのか、理由や原因を改めて思い出してください。待遇アップを持ちかけられても、退職の意思を明確に述べ、引き止めを断りましょう。

【パターン3】情への訴えかけや脅しの断り方

「ここまで育ててやったのは誰だ」「君が抜けると会社が存続の危機だ」など、情に訴えかけるパターンもあります。その言葉が胸に刺さり心が揺れ動くかもしれませんが、社員一人がいなくなるだけで倒産するような会社に、これからの自分の未来を預けることは相当リスクが高いでしょう。

上司が自分の望む将来を約束してくれるでしょうか?落ち着いて冷静に考えてください。
中には、「君が抜けることで被る損害金を請求する」などと脅しをかけてくるような会社もあります。そのような場合は会社の体制自体に問題があるため、速やかに退職すべきでしょう。

このように会社側が圧力をかけてくる場合は、「自分は何も悪くない」と毅然とした態度をとり続けることがポイントです。

しっかり断る姿勢を見せることが大切

断る姿勢

退職を引き止められて困る前に、引き止められないような姿勢を見せることも大切です。優柔不断な様子は相手も「引き止めたら残ってくれるかもしれない」と期待してしまいます。

お世話になった上司には告げづらいかもしれませんが、将来の自分や転職先でのことを想像しながら退職の意思をハッキリと伝えましょう。

また、会社への不満を退職理由にすると交渉の余地ありとみなされ、引き止めが激しくなる可能性があります。たとえ不満があって退職を考えたとしても、会社が引き止められないような理由を考えておくとスムーズにいくでしょう。

おわりに

退職は労働者の権利であり法律により認められてもいますが、会社が困るようなタイミングやポジションでの退職は引き止められる原因にもなります。

円満退職を目指したい場合、引き継ぎを抜かりなく行うことやプロジェクトが落ち着いた時期に退職するなど、会社側にも配慮しましょう。そして、引き止めを断る際はハッキリと退職の意思表示をして揺らがないことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。