転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

長時間の残業は健康にも影響が!?残業しない働き方を実現する方法

2016.04.28
長時間の残業は健康にも影響が!?残業しない働き方を実現する方法

近年、長時間労働について見直す取り組みを行う企業が増えています。その背景には、労働者の健康状態への影響が大きく関係しています。

眼精疲労や肩こりなどの日常的な身体的不調はもちろん、リラックスできる時間が減少することや睡眠時間が短くなることによるストレスから心の病を患う人も増えており、そのような問題は年々深刻化しています。長期療養休暇や体調不良による退職は、働き手である私達も、雇用する側の企業としても、できれば避けたいところです。

しかし、自分の働いている職場が慣習的に残業を行っている場合や、自分の抱えている仕事量が多すぎる場合は、定時に仕事を上がることが難しいと考える方も多いのではないでしょうか。

関連記事:見極めるポイントは求人票にあり!ブラック企業の見分け方

そこで今回は、健康を害す前に知っておきたい、残業しない働き方を実現する方法をご紹介します。

まずは意識改革!「残業しない」心構えを

まずは意識改革!「残業しない」心構えを定時退社を実現するために行いたいこと。それは具体的な方法や仕事術を実行する前に、まずは「残業しない」心構えを持つことが何より大切です。

特に、全員残業をすることが当たり前、定時退社をする人を「暇なのか?」「仕事をさぼっているのではないか?」と思ってしまう癖がついている場合はなおさら必要なプロセスです。

残業しない心構えを持つためには、手帳や自分のデスクの目につくところに「今日は残業しない」「退社後、○○で××をする」など、ふせんに具体的な目標を書いて貼っておくと良いでしょう。

自分自身の決意が残業をしない働き方を持続させると共に、周りの人達に意識の変化をアピールすることができ、少しずつ定時退社しやすい雰囲気を作ることができます。

段取りと優先順位で仕事効率アップ

定時退社を目標にする場合、一番の気がかりは、定時内に仕事を終えられるかどうかです。もちろん、仕事の効率を上げれば早く帰ることができるのは当たり前ですが、いざそれを実行するのは簡単なことではありません。

まずは、仕事1つ1つを「重要度」「緊急度」を基準に仕分ける癖をつけることから始めましょう。特に仕事量の多い場合は、ぜひこの方法をお試しください。

 


 

【1】自由に書き込める紙を用意します。

【2】現在抱えている仕事を思いつく限り1つ1つ書き出します。手帳に記入する必要のない仕事(○○の企画書のコピーをとってファイリングする、などの時間の決まっていない作業など)も忘れずに。

【3】2で書き出した仕事に、重要度と緊急度を意識しながら優先順位をつけます。

【4】今日中に行わなければならない仕事と、そうではない仕事を仕分け、具体的に「○時までに完了する」などの段取りをします。

 


 

優先順位を記したメモは常にデスクに置き、1つ1つの仕事の完了時間を意識しながら取り組みます完了した仕事は消さずに上から線を引き、終わったことが分かるように残しましょう。

このようにすることで達成感を得られ、次に何の仕事に取り組むべきかを瞬時に確認することができます。また、途中で新たな仕事を振られた場合もその都度メモに追加していき、他の仕事同様に優先順位をつけてください。

優先順位をつけることにより、「今日定時までにやるべき仕事」と「次の日でも大丈夫な仕事」が明確となり、納期を守りながら残業を減らすことができます。最初は優先順位をつける作業自体が面倒で時間がかかるものに思えるかもしれません。しかし、作業が習慣化すると頭の中の細かな予定がクリアになるため、ケアレスミスを防ぐこともできるでしょう。その結果、抱えている作業全体の効率UPへつながります。

残業時間を「可視化」することが大事

残業時間を「可視化」することが大事仕事の効率化が進むと、少しずつ残業時間が減っていきます。そこでさらに定時退社を促すための策が、残業時間の「可視化」です。勤怠を専用フォームに打ち込む企業も多いと思いますが、自分がその月に何時間残業したかを自分のデスクで管理することで、より意識が高まります。これも自分の手帳やデスクなど、常に目につく場所にメモやふせんなどに記入したものを貼っておくことをおすすめします。

月末になったらそのメモはとっておき、次月用に新しいメモを用意します。毎月月末に前月との時間差を確認し、残業時間が増えていた場合は原点に立ち返って心構えを再確認しましょう。優先順位をつける作業を怠っていなかったかなど、次月につなげる反省の機会を設けることが大切です。もちろん、残業時間が減っていた場合は自分をたくさん褒めてください。

おわりに

残業時間を減らすことによって心身の健康を保てるだけでなく、プライベートの充実やステップアップのための勉強など、自由に使える時間が増えます。ワークライフバランスの向上は、残業しない働き方を意識することで確実に実現できるでしょう。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。