転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

これからは女性が活躍する時代!女性が管理職になるメリット・デメリット

2016.05.11
これからは女性が活躍する時代!女性が管理職になるメリット・デメリット

一昔前の日本では、女性は結婚と同時に退職して家庭を守ることが当たり前とされてきました。

しかし現在では多くの女性が企業で活躍しており、政府は数値目標を掲げて女性管理職の割合を積極的に増やそうとしています。

そこで今回は、女性が管理職になるメリットとデメリットについてご紹介します。

【メリット1】若手女性社員のロールモデルになれる

【メリット1】若手女性社員のロールモデルになれる以前は結婚・出産をきっかけに、女性は退職して家庭に入ることが主流でした。

その後時代の変化とともに女性の社会進出が進み、現在では結婚・出産をしても仕事を続けたいと考える女性が増えています。しかし、自分の働き方やキャリアプランについて迷いながら働く女性社員も少なくありません。

女性管理職はまだまだ少数ですが、女性管理職が増えることによって、「私もこんな風になりたい」という若手女性社員の具体的な目標になります。

企業内に女性の管理職がいない、もしくは少ない企業もまだまだ多くあるため、管理職になる女性が増えれば「自分も頑張れば管理職になれる」という前向きな気持ちでより意欲的に仕事に取り組む女性社員が増えることにつながります。

出産・子育てをしながら仕事を続ける女性管理職を間近で見ることは、他の女性社員にとっても、働き方のロールモデルとして参考になります。また、女性管理職自身も若手社員が自分を目標にして成長する姿を見て、仕事にやりがいを感じるでしょう。

さらに、女性が管理職になるメリットとして年収アップを目指せることが挙げられます。管理職として責任の重い仕事が任される分、年収も高くなる傾向にあります。

給与面のメリットは、若手女性社員の管理職への関心を高める大きな要因の1つとなるでしょう。

【メリット2】女性ならではの細やかな感性を生かせる

【メリット2】女性ならではの細やかな感性を生かせる女性の中にはコミュニケーション能力や気配り能力に優れている方が多く見られます。もちろん男性にもコミュニケーションや気配りができる方もいますが、女性ならではの柔軟さや思いやり、相手に配慮した対応などは管理職として働く際に役に立ちます。

管理職になって部下を持つと、数字や成果物などの表面的な結果を見て判断してしまいがちですが、結果が出せないことには必ず何らかの理由があるはずです。

女性管理職であれば、「どうしてできないんだ」「もっとがんばれ」など、よかれと思って部下を頭ごなしに叱咤するのではなく、部下の能力や現在置かれている状況を正しく把握した上で声をかけたり、アドバイスを与えたりすることができます。

部下が悩みを抱えているとき、話を親身になって聞いてくれるなどの面倒見の良さも女性管理職には期待されています。

【デメリット】仕事と子育ての両立に苦労する場合も

管理職に昇進した場合、これまでのように限られた範囲の業務だけをこなせば良いわけではありません。個人の業績だけでなく部署全体の成果を求められ、責任も重くなります。

部署全体のパフォーマンスを高めるために部下をうまくマネジメントすることも管理職の大切な仕事です。部下がミスをしたときは部下の代わりに取引先に頭を下げることもあるでしょう。

管理職になると対外的交渉に関わる機会が増えます。女性が管理職に昇進する場合、結婚や出産・子育てなどのライフイベントと重なることも多く、管理職になってもなかなか仕事に集中しにくい環境に置かれたりして、両立に苦労するかもしれません。

女性管理職の少ない日本では、女性管理職に難色を示す取引先や、女性管理職の下で働くことに戸惑う部下がいます。

現状では女性管理職がやりにくさを感じる場面もあるかもしれませんが、今後女性管理職が増えていくことで次第に解消されていくでしょう。

また、管理職になると、今までより残業時間が増える場合があります。責任も重くなるため簡単に仕事を切り上げるわけにもいかず、子どもがいる女性の場合は育児との両立が今以上に大変になります。

女性が管理職として活躍するためには、家族の協力が不可欠です。ワークライフバランスについて、家族とよく話し合っておきましょう。

おわりに

今後も増えていくことが予想される女性管理職。現状ではまだ数が少ないため、「本当に自分にできるのだろうか」「自分は管理職に向いているのだろうか」と不安に思う方もいるでしょう。しかし、管理職を打診されるということはこれまでの仕事ぶりを認めてもらえた結果です。管理職になる機会が訪れた際には、前向きに検討してください。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。