転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

転職活動は在職中と退職後どちらが有利?双方のメリット・デメリット

2015.10.23
転職活動のタイミング

転職を考えてはいるものの、どのタイミングで転職活動を始めれば良いのかわからず悩んでいる方は多いと思います。
実際、在職中に転職活動を行う方と退職後に転職活動を行う方、どちらも一定数存在します。では、双方のどちらが有利ということはあるのでしょうか。
今回は、在職中と退職後、それぞれの時期に転職活動を行うメリット・デメリットについてご紹介します。

在職中の転職活動のメリット・デメリット

安定した収入

在職中に転職活動を行う最大のメリットは失業期間が無いか、もしくは短く、安定した収入があるため経済面の心配をしなくて済む点です。

また、希望する職種・条件などに妥協せず、気長に転職先を探すことができます。転職に伴う税金・年金・社会保険の手続きを自分で行う手間も省けます

在職中に転職活動を行うデメリットとしては、業務が忙しい場合、転職活動に割く時間(企業研究や希望職種のためのスキル・資格の取得など)を十分に取れないことが挙げられます。

また、面接日程の調整に苦労することもあるでしょう。なかなか日程が決まらず、最悪の場合、企業側から断られるケースもあります。

転職先が決まった後も、後任への引き継ぎ業務を行いながらの新たな仕事への準備や、場合によっては引っ越しの準備なども行う必要があるでしょう。

退職後の転職活動のメリット・デメリット

企業をたくさん受ける

退職後に転職活動を行う最大のメリットは、転職活動に多くの時間を割けることです。時間的な余裕があるため、複数企業へのアプローチを同時に行うことも難しくありません。面接日程の調整もしやすく、気になる企業をたくさん受けることも可能です。

関連記事:憧れの東京で働きたい!上京して転職活動を行うメリット・デメリット

また、心身を安めリラックスした状態で、自分が培ってきた経歴や今後の展望について見つめ直すこともできます。

退職後に転職活動を行うデメリットは、収入が途絶えるため、最低でも3ヵ月生活できる程度の資金を準備する必要があることです。
さらに、失業期間が長引いた場合、企業側にマイナスに捉えられる可能性があります。そのため失業期間を長引かせないよう、企業選びに妥協せざるを得ない場合もあるかもしれません。
また、自己管理や意欲の維持が苦手な方は、自堕落な生活に陥る危険性もあります。

どちらが有利?

上述の通り、在職中の転職活動にも退職後の転職活動にも、それぞれメリットとデメリットが存在します。そのため、どちらが有利であるかを一概に比べることはできません。

失業期間を作りたくないのであれば、在職したまま転職活動をするべきです。しかし、転職を第一と考える場合は、先に辞めた方が転職活動に集中できます。自分の経済状況や現職の業務状況、希望職種の条件などを考慮してどちらかを選びましょう。

また、年齢やキャリアによってもどちらを選ぶべきかが変わります。

20代

キャリアが浅い20代のうちに失業期間が長引いた場合は職歴に傷がつきます。20代の転職においては、無職期間の長期化を避けるためにも、在職したまま転職活動を行なった方が安全です。スキルアップや資格の取得は、空き時間を上手に利用しましょう。

30代

キャリアをある程度積んだ30代の転職活動では、面接まで進む機会が多くなると思います。1次面接ならまだしも、2次面接や最終面接でもスムーズにスケジューリングできないようなことがあった場合は、選考において不利に働く場合があります。

そのため30代の転職においては、応募の段階では在職したままで、最終まで進めそうな企業を見つけた時点で退職手続きをする、などの中間的な転職活動がおすすめです。

40代

40代の転職活動は長引く傾向にあります。そのため、在職したままの転職活動がベターです。しかし、人脈を利用して仲介してもらう場合などは、退職後の方が自由に動けてスムーズに話が進むでしょう。

おわりに

自分や周囲の状況から、在職中か退職後、どちらの転職活動が適しているかを考えましょう。また、どちらを選んでも現職を退職することには変わりありません。具体的なスケジュールを立て、適切な時期に退職の意志を伝えられるようにしてください。円満退職は、スムーズな転職活動の重要な条件です。
今回ご紹介した内容を参考に、明確な目標設定をした上で転職活動に臨みましょう。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

転職・キャリアアップをお考えの方はこちら。
年収アップしたい、良い環境を選びたいあなたにぴったりの
転職サイトがきっとみつかる。

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
人気のタグ
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。