転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

通勤時間が長いと選考で不利?転職先までの理想的な通勤時間の目安

2015.12.10
通勤時間が長いと選考で不利?転職先までの理想的な通勤時間の目安

転職活動を行う中で、興味を持った企業が遠方にある場合は、通勤時間が長くなってしまうことが気になりますよね。自分としては「多少通勤時間が長くても大丈夫」と考えていても、場合によっては採用にあたってネックとなり不採用になってしまうことがあります。それでは、理想的な通勤時間とはどの程度であるといえるのでしょうか。

今回は、転職先までの理想的な通勤時間の目安についてご紹介します。

通勤時間が長いと選考で不利になるのか

履歴書の選考結論からいうと、通勤時間の長さをどう捉えるかはそれぞれの企業によって異なります。そのため、通勤時間が長いからといって必ずしも選考で不利になるとは限りません。

ただし、採用担当者が「会社への通いやすさ」を見ていることは確かです。やはり、通勤時間が長いとそれだけ心身への負担が大きくなるため、通勤時間が短い方が長く働いてもらえるのではないか、と考えるためです。

急な残業で夜遅くまでの勤務になってしまうこともあるでしょう。遠方から通勤している場合は終電の時間が早いため、必然的に作業時間が制限されてしまいます。このようなことを考えると、通勤時間が短い人の方が臨機応変に働いてくれるかもしれない、という結論になることも考えられます。

また、通勤時間が短ければ支給する交通費も少なくて済むため、経済的な面においても通勤時間の長さは重要なポイントとなるでしょう。

理想的な通勤時間の目安とは

理想的な通勤時間の目安それでは具体的に、どの程度の通勤時間が企業側にとって理想的なのでしょうか。

一般的に、1時間半以内が通勤可能圏内と捉えられます。上記の観点から考えると、理想的な通勤時間は20分~40分以内で、長くとも1時間以内であることが望ましいといえるでしょう。

ここで注意したい点が、通勤時間の算出方法です。通勤時間とは、自宅から会社までの片道の所要時間を指します。電車に乗っている時間だけではなく、自宅から駅までの時間、会社の最寄り駅から会社までの時間なども含まれることを考慮して算出する必要があります。

また、通勤時間は最短時間で表すことが基本です。朝のラッシュ時の混雑による遅延や、寄り道する時間などを考慮せずに、最短時間を記載するようにしましょう。

通勤時間が長い場合は、問題ない理由を明確に示す

片道1時間半〜2時間などの長い通勤時間を要する企業を志望する場合は、通勤時間がネックとなり不採用になってしまうことを避けるために、通勤時間が長いことで考えられるマイナス面を取り除くようなアピールをすることが大切です。

例えば、「前職も同じくらいの通勤時間だったが、全く苦にならなかった」「急な残業にもきちんと対応することができる」などを説明すると良いでしょう。通勤時間の長さが負担となりすぐに辞めてしまうのではないか、という企業側の不安を払拭することができます。

ただし、採用候補者が複数人いる場合、通勤時間の長短が合否を分ける可能性があることを心得ておく必要があるでしょう。

また、どうしてもその企業で働きたいという強い意志がある場合には、採用が決まった後に勤務地近辺へ引っ越すという選択肢もあります。その場合は、事前にその旨も企業側に伝えておきましょう。

おわりに

今回は、通勤時間が長いと選考で不利になるのかどうかに注目しながら、理想的な通勤時間の目安や通勤に長時間掛かってしまう場合の対策についてご紹介しました。

履歴書に通勤時間を記載する欄があるため、どの程度の通勤時間が掛かるのかということは

早い段階から採用担当者にチェックされる項目です。理想的な通勤時間ではない場合には、そのデメリットを払拭するための対策をしっかりと行うようにしましょう。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。