転職やキャリアアップに役立つ情報をお届けする求人・転職支援サービスサイト

年末調整前に転職で退職した場合は?転職や離職で確定申告が必要になるケース

2016.05.31
年末調整前に転職で退職した場合は?転職や離職で確定申告が必要になるケース

「確定申告」はサラリーマンなどの給与所得者にはあまり馴染みがありませんが、転職や離職をした際に、タイミングによっては確定申告が必要な場合もあります。

今回は、転職や離職によって確定申告が必要になるケースをご紹介します。確定申告を行うことによって所得税が戻る場合もあるため、しっかり理解しておきましょう。

確定申告とは

給与所得者は、毎年1月1日から12月31日までに発生した所得をすべて計算し、申告・納税する必要があります。この手続きを「確定申告」と呼びます。

確定申告では1年間に発生した所得を計算し、納税額を確定させますが、給与所得だけのサラリーマン全員が確定申告した場合、数が多すぎて税務署が対応できません。そこで、雇用主である企業が事前に1年間の収入の見込み額に対する所得税を概算し、源泉徴収という形で給与から天引きし、本人に代わって納めているのです。

そのため、一般企業では年末調整をすることで1年間の所得を再計算し、正しい納税額を計算した上で、すでに払った税金との過不足の精算を行っています。

年末調整の手続きをしよう

年末調整の手続きをしよう転職活動で新たな勤務先が同一年内に決まった場合、「年末調整」の手続きをすることにより確定申告が不要になります。そのためには、転職する前に勤めていた企業の給与所得と納税額を証明する「源泉徴収票」を提出しましょう。

転職先の企業が年末調整で転職前の企業での収入を合計して所得税を計算するため、確定申告をせずに済みます。

例えば、8月に離職して10月から新たな職場で働き始めた場合など、途中に無職の時期があるケースも、転職先の企業へ前職の「源泉徴収票」を提出し年末調整の手続きをすることで確定申告が不要になります。

一方、同一年内に再就職しなかった方や失業状態になった方、転職先で年末調整手続きの時期に間に合わなかった方は、確定申告をしなければなりません。

また、転職先で年末調整を受けた方も、以前の勤務先の源泉徴収票を提出しなかった場合、1年間の合計所得を計算したことにはならないため、確定申告の対象者になります。

面倒な確定申告の手続きを避けたいのであれば、以前の勤務先の「給与所得の源泉徴収票」を必ず準備しておきましょう。年末調整は非常に重要な手続きであるため、正確に行ってください。

さらに、新しい勤務先で受け取る源泉徴収票の金額も確認しておきましょう。「支払金額」の欄に転職前の勤務先の給与分も合算されている場合は問題ありません。転職前の勤務先の所得が含まれていない場合は、確定申告の必要があります。

未申告の罰則

未申告の罰則
確定申告に関する書類は、2月16日から3月15日までの期間に管轄する税務署に提出しなければなりません。では、確定申告の手続きを忘れた場合はどうなるのでしょうか。

その場合は、市区町村より「確定申告をしてください」と督促されます。さらに、所得税の還付を受けられないだけでなく、罰則として無申告加算税(納付税額50万円までは15%、50万円超の部分は20%)が課せられます。くれぐれも確定申告を忘れないように注意しましょう。

おわりに

1年の途中で離職や転職をした場合には、確定申告が必要になることがあります。大切なことは、離職や転職をした場合に前職の勤務先での給料は無関係だと勝手に判断しないことです。

以前の勤務先と現在の勤務先の合計所得に基づいて年末調整を行うことにより、正確な所得税の控除を受けることができます。

離職して再就職先が決まっていない場合でも、確定申告によって所得税の控除を受けられるかもしれません。確定申告をしなければならない場合は、必ず忘れずに行いましょう。

多数の年収UP成功事例!登録必須の転職エージェントはこちら

1リクルートエージェント

非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート

  • 医薬・製薬、IT業界、電気・機械他多数
  • 全国
  • 圧倒的な求人数と業界・職種・地域に精通したキャリアアドバイザーが在籍
5.0
リクルートエージェント

2type転職エージェント

利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数

  • IT、営業、エンジニア、管理・専門系など
  • 関東
  • 年収アップ成功率は驚異の71%
4.5

3JACリクルートメント

親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。

  • 外資系企業、グローバル企業、マネジメント、専門職
  • 全国
  • 外資系やグローバル企業など高年収を狙うハイクラス転職に強い!
4.5

カテゴリ一覧

月間人気記事ランキング
ピックアップ記事
転職サイトランキング
リクルートエージェント
非公開求人数は業界最大級の9万件以上!転職成功実績No.1を誇るリクルートの転職サポート
type転職エージェント
利用者の71%が年収アップに成功した実績豊富な転職エージェント。知名度のある大手企業から急成長のベンチャー企業まで独占求人も取り扱い多数
JACリクルートメント
親会社が英国にあることもあり外資系やグローバル企業などのハイクラス転職が強いのが「JACリクルートメント」。キャリアアップで高年収求人を狙うなら登録必須。
DODA
大企業、優良企業からベンチャーまで幅広い非公開求人が多数!業界最大手の転職サイト「DODA」
パソナキャリア
地方転職や女性の転職に強いのがパソナキャリアの特徴。さらに求人数も転職エージェントではトップクラス。年収アップ成功率も67%を超える優良転職エージェントです。